ゴマがすくすくと

ゴマが大きくなりました。
何か所か、花をつけはじめた株も。

蜂が無心に蜜を集めていました。

水が付いたりして、発芽しなかった箇所がチラホラと。

そこで、畑の空いたところにバラまいておいたものを取り、
補植しました。

↓このツール(見えますかね~?)で、クッキーの型を抜くように土を抜いて、

そこに苗を手で植えつけます。

移植ゴテではマルチを破ってしまいそうですが、これなら一発で丸く穴を掘ることができます。

「コツ、掴んだ♪」と、優しい笑顔がトレードマークのO氏(実は北海道で広大な農地を営農されていたすごい人です)。

サクサクと穴をあけ、あっという間に遠くに………。


植えたところは↑↑こんなかんじです。

グループで日程を合わせて作業しているので、ベストタイミングでの作業はなかなか難しく、
日照りの日中の作業だったので、苗的にはダメージ大。


植えてすぐにたっぷりの水を与えました。ちょっと、煮えてしまわないか心配…。


最後は、畝間を管理機で起こして除草。

で、今日の作業は完了~~。

おまけ。

梅雨が明け、雲一つない青空の昨日。
あんまりにも暑いので、日陰で休みを取りながらの作業でした。

わずかな日陰に並んで、一服。長閑な一枚。

しっかし、ヒゲ率が高い雑穀ファームです。

0コメント

  • 1000 / 1000