キヌアが発芽しました。

カラッとした天気が続いています。

世の中は春の行楽シーズン。
絶好の行楽日和ではありますが…、畑としてはもう少し雨が欲しいところ。

先日、夜に畑を湿らす雨が降った後に、キヌアが発芽しました。


この、アカザ(雑草です。)に似た芽がキヌア。
ばら撒きをした一角から、ピョイピョイと目を出していました。

条蒔きの方は、まばらな出方です。

しかし、アカザに似ている。(同じ科なので、それはそうなんですが)


↓こっちは雑草です。


ほうれん草を凌ぐ栄養価で、若芽は食べられますが、農家さんには嫌われています。

なぜならば、放っておくと木のようになり、それらが森を作り…畑にあるととても厄介なのです。
昔の人は茎で杖を作ったんだとか。
私は、燻炭を焼く時に燃料に使っています。

アカザ


もし、キヌアもそんな風に育つんだとしたら、種まきの間隔狭かったかな~。

なんて、思ってみたり。


雑穀畑はすっかり初夏の景色です。

畦草がお花畑になっていました。

サギゴケ、かな?

0コメント

  • 1000 / 1000